バニラエアで沖縄までの国内旅行で利用

LCCを使えば旅費を大幅に削減ができるメリット

バニラエア / バニラエアの評判

ANAグループに属するバニラエアは安心LCCの航空会社の中でも低料金で利用ができるバニラエアLCCを使えば旅費を大幅に削減ができるメリット

航空運賃が安いわけですから、普通の航空会社のような機内サービスはないことは事前に把握していたので特別着ないサービスがなくても良い、安ければそれで良いと考えていたので、普段乗る飛行機のようなサービスはありませんでした。
しかしながら、機内サービスはまったくないわけではありません。
例えば、お昼の時間帯や夕方からの便などを利用する時には、別料金で機内食を食べることもできます。
普通の飛行機は料金に機内食などのサービスが含まれているので料金が高くなっていますが、バニラエアは料金を最低限まで抑えており、必要なサービスは希望に応じてお金を支払えば利用ができるメリットもあります。
利用した便は早朝の飛行機でしたので、朝食だけは飛行機の中で食べることにしましたが、それでも家族3人で僅か3,000円弱の費用で済んだことは、LCCを使えば旅費を大幅に削減ができるメリットがあることを知りました。
ちなみに、成田空港までの電車賃は往復約15,000円、バニラエアの飛行機代が往復で2万円、これに機内サービス料が往復で3,000円、合計38,000円になるなど、一般的な航空会社を利用した時の金額と比較した場合、半分以下の料金で利用ができたことはバニラエアを使って良かった点ですし、機内でのサービスは特別なものはなくても、旅行先で浮いたお金を使っての食事を楽しめたことは満足感に繋がっています。